神秘の乳酸菌飲料「ミキ」をつくる

ミキ

神秘の乳酸菌飲料「ミキ」をつくるワークショップ

詳細内容

【日時】 2019年8月20日(火) 10:30~14:30

【料金】 8,000円(ミキで作った食事付き つくったミキ500ml)

【定員】 8名

【持ち物】 筆記用具、エプロン、ハンドタオル、600ml入る口の広い容器(ミキを持ち帰る為)

ご予約

【場所】てんげる自然塾 厚木支部(マイソール厚木)→ Google map

神秘のミキとは??

長寿の島として知られる奄美大島で、赤ちゃんから高齢者まで幅広く愛飲されている発酵飲料「ミキ」の作り方とお話し、お食事会のワークショップです。

◆ミキを飲むと…

・便秘が解消した

 ・赤ちゃんが喜んでゴクゴク飲んでくれる

・高血圧が良くなった

 ・夏バテ解消

・高血圧、動脈硬化が改善した

・鬱が改善した

・イライラが解消した

・アトピーのガサガサ肌が綺麗になった

・下肢動脈瘤が劇的に改善した

・母乳の出が良くなった

・ミキに1食置き換えて、ダイエットに成功 こんな声がたくさんあります。

 ※効果には個人差があります

ミキは、お米とサツマイモと水だけで作る発酵飲料です。

ミキを日常的に飲んでいる奄美の人たちの腸内には、驚くほど善玉菌が多いことがわかりました。

腸内細菌研究の権威である博士が、奄美在住の家族を調べたところ、 100歳女性のビフィズス菌の数が31億個、 そのお子さん(推定70代)が770億個、 お孫さんは740億個という驚くべき結果が出ました。

 60代~80代の平均は1億個、 健康な成人の平均はおよそ100億個。

70代で比較すると、770倍の差があります。

健康長寿において最も大切なことは腸内環境です。

ミキは、奄美大島という土地で長年に渡って伝え続けられてきたもの。

日本人にはピッタリの発酵飲料と言えます。

市販のミキは、砂糖が含まれていますが、この講座では、古代から伝わる砂糖不使用の作り方を学びます。

失敗しないミキの作り方を丁寧にわかりやすくお伝えします。

今回は「ミキ」の素晴らしさを広める活動をされている「自然料理家 松野薫子さん」をお招きして「ミキ」の作り方を教えていただきます。

 

講師プロフィール

【松野薫子】
KAORUKO KITCHEN主宰
季節(陰陽五行の五季)や体質に合わせた食べ物と食べ方の提案、アドバイスを行う。

過去、花粉症、肌荒れ、慢性的な疲労、冷え性、便秘など体調不良に悩んだ経験によって、腸内環境を整える重要性を実感。

雑穀(穀物)とオーガニック野菜、発酵食品を中心とした、動物性タンパク質、乳製品、白砂糖を一切使わない料理に出会ってから、身体が軽くなり長年悩んでいた体調不良が解消。自然料理研究家の道へ。

茨城県取手市のサロンや、東京青山などで料理教室や味噌づくりなどを開催。

これまでの集大成として、2019年から発酵食品・雑穀・organic野菜を使った教室「腸脳力の学校」をスタート。

経営者やママたちに、食を通して自分と向き合い、自分自身と繋がるサポートに取組んでいる。

料理研究家(雑穀・オーガニック野菜・発酵食品)、グルテンフリー米粉マイスター、ミキ伝道師第1期修了、林学博

https://www.facebook.com/kaorukokitchen

 

 

Copyright (C)2018 Tengelshizenjuku All rights reserved

てんげる自然塾本部
〒243-0035 神奈川県厚木市愛甲3丁目10-27-101