講座

天人合一

【身体という宇宙をシリーズで学ぶ会】

日々、鍼灸治療で訪れる方々のお身体を診させていただいて、よく思うことがあります。

それは「身体はこの人の見えない本質を見える形に現したものだな」‥ということです。

 とても調子が良いと感じる時、心と身体が一つになったような、気持ちの良い風が身体に吹いているような感じがすることはありませんか?
また、身体のどこかが辛い時は、どうしてこの痛みがあるのかあまり考えることなく、早くなくなって欲しいと思うばかりではないでしょうか。

物質的な身体で生きる私たちは、どうしてもその身体の不調ばかりを気にします。
それは痛みや辛さが身体からのメッセージだから。身体の声を 痛みという形で聴こうとしている本当の私たち自身がいるからです。

身体の痛みや不調をなんとかしたい。でも、実はその身体からのメッセージを受け取らずして本当の治癒はありません。

頭が痛い
腰が痛い
視力が落ちる
やる気が出ない
糖尿病になった
コレステロールが高い
心臓がうまく働かない
お腹の調子が定まらない‥‥

不調を数え上げたらきりがありませんね。
でもこれには全て、そうなる理由があるのです。

私たちはもっと自分自身を知る必要があると思います。
身体はそれをわかりやすく見せてくれる私たち自身の側面です。

本当の私たち自身の本質とは?
魂ってなんだろう?
身体とつきあうってどういうことだろう?

答えは簡単には出ませんが、考えるきっかけになるお話ができないだろうかという気持ちでこの講座を始めました。

「身体という宇宙を細胞から学ぶ会」

過去に数回、この講座を開催してきましたが、いつもお話したいことが多すぎて時間が足りなくなりました。
今回は4回に分けてじっくり取り組める時間にしたいと思います。

 

第一回はみえない身体と私の関係

鍼灸治療をしていると、よく「血液の流れが良くなるのですか?」と聞かれます。
間違いではありませんが、鍼灸は「気の 流れを良く」します。
気が流れると血液も流れます。
その「気」は目には見えませんね。見えないものを治療する‥私たちの中に見えないものが流れているのです。
「気」とは何だろう?
目に見える私たちの身体とどのようにつながっているのでしょう?

そんな導入から、エネルギー体としての自分自身を考えてみます。

そして、第二回、第三回はチャクラについての知識を深める時間です。

みえない身体、エネルギー存在としての自分自身をどうやって実感としてとらえていくか。
チャクラの知識があるとそれがわかりやすくなります。
チャクラの位置が身体の主要センターであること、経穴との関係、チャクラに関わ る色や数字など、自分を知る手がかりになる知識です。

第四回で、見える身体からもっと自分を知りましょう。

どうして病気になるのか、どうやって身体をコントロールできるのか、どうやって自分と上手につきあっていけるのか。

答えは簡単ではありません。
一生かけて考えていく手立てとして、この講座が役に立ってくれることを願っています。

詳細内容

【月日】

2017年 第二回目
講座① 未定
講座② 未定
講座③ 未定

【時間】13時~17時

【料金】28,000円(1コマ5,000円/再受講者対象)

【定員】6名

【場所】てんげる治療院 アクセス その他

【持ち物】筆記用具、ノート

【講師】てんげる治療院 鍼灸師 新瀬ゆかり

Retrean
Copyright (C)2017 Tengelshizenjuku All rights reserved